2011年5月 4日 (水)

タイからバリ島へ PART4

今回の旅は、自分達の行きたい場所をたくさん言ったのにも関わらず、どこまでも連れて行ってもらえたので、ツアーではなく、ガイドさん&運転手さんに頼んで良かったと思います。

夫は、現地の人を見ると、とっさにタイ語が口から出てくるもんで、困ったものでした。

英語で話しかけられても、タイ語と英語のMIXやし・・・。

どうやら夫の頭の中では、英語→タイ語→日本語と変換されてる模様。

今、タイ語いらんで~。

だからなのか??

ガイドさんには、2日目まで、私がタイ人だと思われていました。

「タイ人の奥さんと子供を連れて、旅行に来た日本人(夫)」だと。

ガイドさん曰く、「1日目は、気を使って話題に出しませんでしたが、奥様日本人なんですか~?」

バリ人に2日間も、気を使わせてしまってた私です・・・。

「日本語は難しいですね、たくさん勉強しました(笑)」と言っておきました。

そして、そう見えたのは「ただ顔が日本人ではない」という理由でした。

スパでは、バリ人とも間違われましたしね。

最近は、黙っていれば現地の人と同化できる自分が、特技だと思うことにしております。

バリ島は、さすがに観光地だけあって、日本語と、少しの英語で問題ありませんでした。

「ありがとう」だけは現地の言葉を覚えました。

インドネシア語は、Terima kasih.

バリ語は、Suksema。

旅行中は、あえてガイドブックには載ってないバリ語での「ありがとう」を使いましたよ。

最終日も、チェックアウトぎりぎりまで、海で遊びました。

201104_173_2

海辺の砂浜では、なにやらお祭りが。

バリっぽい、不思議な光景のよこで、夫と子供達が遊んでいるのを見てると・・・。

201104_262_2

売り子に囲まれた私。

へナタトゥーをしてもらったら、アクセサリー売りも来るわ来るわ。

バリのビーチでは、売り子が多くて、ゆっくりくつろげませんが、いろんな人と話が出来て楽しかった~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

タイからバリ島へ PART3

3日目は、朝から一日、ホテルの前のクタビーチへ。

「サーファーの聖地」とも呼ばれるだけあって、波がすごい。

201104_144_2

波が強すぎて泳ぐ事はできなかったけど、波に打たれて遊ぶだけで、満足した子供達でした。

201104_158_2

201104_169_2

ビーチでは、たくさんの白人の女性がトップレスでのんびりする姿に、衝撃を受けつつ、夫は、遠くからしっかり見てたのを私は知ってる(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

タイからバリ島へ PART2

2日目のバリ島は、ウブド、テンパサールヘ。

この日の予定は、お買物。

丸一日、ガイドさんと運転手さんにお願いして、いろんな場所を巡りました。

ウブド市場から始まり、色々なお土産屋、スーパー、薬局、布問屋街のジャラン・スラウェシまで。

お土産定番の、アタバック、ガムランボールから、バティック、Tシャツ、シルクのスカーフ、CD、お供え物を入れるカゴ、コスメ・・・。

スーツケースいっぱいに、バリ島土産を悔いのない様に買物・買物・買物。

特に面白かったのが、ウブド市場。

ガイドさんには、「言い値の1/3くらいから交渉しなさい」と言われていたのに、「もういいや、いらない」と帰るそぶりを見せれば、あっさり1/10になったのだから!

どんだけふっかけてるん?って呆れ半分、嬉しい買物。

昼食は、ガイドさんお勧め「バリで一番の有名店」豚の丸焼き。

201104_042_2_2 

201104_043_2_2

バリの料理は、辛くないので、子供も大丈夫です。

夜は、ジンバランの海岸で、バリ舞踊を見ながら、シーフード料理。

201104_107_2_2 

好きな食材、調理方法を選びます。

バリ舞踊の音楽は、癒しですね。

201104_124_2

201104_136_2 

海に沈む夕日を見て、今回は、普通に生活できる事のありがたさを、考えさせられました。

201104_105_2_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

タイからバリ島へ PART1

バンコクから飛行機で約4時間のバリ島。

フライト時間で言うと、意外にも遠いというのが最初の印象。

ある方との出会いがきっかけで、一番行きたい国(島)になり、「タイからだと、日本からより近い」と、軽い気持ちで飛び立ちました。

そんな感じなので、予定も全く考えずにバリ島に着き、行きたい場所、したいことはたくさんなのに「さて、まず何しよう?」

と、一番最初に向かった先は、とあるSPA。

201104_020_2

ここでは、民族衣装を着て写真を撮ってもらいました。

201104_312

すぐに、1人1冊づつのアルバムにしてくれて、持ち帰りました。

男の人もバッチリとカラフルな色の化粧をされるので、大うけ。

夫は「ほんまにコレあってるん?俺こんなんイヤや・・・」と言いながら、されるがまま、バリポーズもこなしました。

やはり、出来上がりは笑える感じで、自身では全く納得していないようでしたが(苦笑)

これは記念、記念。笑って笑って~。

次の日は、ウブドヘ→。  続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

小旅行 PART4

まだまだ、旅のお話は続きますよ。

最終日。

やっと、海へ泳ぎに!

でもね、残念な事に、南国の透き通った海を想像してはいけません。

バナナボート、水上ジェットバイク、日本じゃ考えられないけど、波打ち際で遊んでるすぐ横を通っていくからね。

巻き込まれたら大変だよ~!

子供達とお父さんたちは、砂浜で遊んだり、海に入ったりしましたが、私達は、海岸に並んであるお店を探索。

その後、またまたプールに入ったりして、お昼まで過ごしました。

お昼ごはんは、子供達も喜ぶファーストフード、ケンタッキーへ。

20104_221

ご飯物だよ~。でも強烈に辛い。張り切って冒険するんじゃなかった。

タイに来てから、冒険心に負けてことごとく失敗してます。

教訓:「定番に間違いは、なし」

お腹いっぱいになったら、水上マーケットだ~!

20104_223

ボートに乗って行くのかと思ったら、水の上に建ててある小屋での買い物でした。

20104_224

暑さで倒れそうになりながら、Tシャツや、アジアンな雑貨を買いました。

ここでの休憩時、子供が冒険して食べたアイスが・・・。

いつになったら、冒険からぬけだせるのでしょうか??

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

小旅行 PART3

ホテルに到着。

30階。

ありえないくらい手すり低くて怖かったよ。

それに、網戸もなく窓OPENしてるし~。恐怖のTAHILAND。

でも、景色はサイコー!!

20104_189

見渡す限り、一面の海。

20104_192

で、海に行くかと思ったでしょ。

最初はホテルのプールで遊ぶ事にしました。

プールサイドで、ビールを飲みながら、いつもの甘酸っぱ辛いタレをつけて食べる、なんだか分からないおつまみをつまんで。

20104_195

この葉っぱも食べるの?

20104_198

それにしても、景色はすばらしかった!

日が落ちる時間が一番好き。

20104_201

夜は、街中のウォーキングストリートを歩いて、Mさんお勧めのお店に行こうとするも、見つけられず、結局入りやすい雰囲気のナン・ヌアルという、海が見えるシーフードレストランへ。

食事後のナイトバザールを楽しみにしてたけど、ナン・ヌアルで注文品が忘れられていたようで、なかなか来ず・・・。

結局、子供達が眠たくなったので、買い物はおあずけ。

色々、安くて面白そうなものあったのにな~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

小旅行 PART2

Mさんプレゼンツの旅。

サファリパークの後は、お昼ご飯。

海辺の木陰が涼しい、シーフードレストラン。

ここも『ローカル度高し』なMさんお勧めレストラン。

20104_158

砂浜の、このロケーションにテンションUP!!

Mさん、1人で勝手に頼みまくっちゃってるよ。

「まだくる~?」ピリ辛のシーフード料理。

20104_165

食べられないくらい注文してたけど、色々食べれて楽しかった。

注文したMさん、イスラム教の為、豚肉はダメだし、実はシーフードもあんまり好きじゃないんだって。

皆が喜ぶだろうとした気持ちだけは、充分伝わったわ。

「責任食いしろ!」とも言えず、泣く泣く残す。

大人6人、子供4人で、3000B。(9000円)

飲みも込みで、この人数で、日本を思うと安いんだろうけど、一食30Bの屋台料理カオマンガイに慣れてる皆は、旅の終わりまで「あの昼食高かった~!」って引きずっていたからね(笑)

気を取り直して、さぁ~!ホテルに出発!!

道中は混んでいたけど、景色を楽しみ、ソンクランで水を掛け合う人達に、子供の水鉄砲奪って、車から攻撃参戦。

いや~、楽しかった!

20104_187

20104_236

でも、運転中にこんなに水かけられたら、危ないよね。

20104_235

実際ソンクラン前後1週間で、事故で亡くなる人200~300人いるんだって(怖)

来年は、もっと大きくて、強力な水鉄砲買おっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

小旅行 PART1

バンコクから、車で2時間ほどの海、パタヤへ。

社長家族と一緒に旅行へ出かけてきました。

バンコクのデモ騒動が嘘のように、常夏のリゾートでした。

デモのせいで、家に閉じこもって過ごしていたので、子供達は久々に開放的な場所で、のびのびと遊ぶ事が出来ました。

遊ぶと言っても、外は42℃という見た事もないありえない気温を指してる時間帯もあり、休息しないと大変危険。

20104_234

まずは、サファリパークへ。

20104_156

入場後すぐ、袋いっぱいに入ったお野菜の店がズラ~っとあるので、そこでお野菜を買います。

動物にあげるエサです。

いろんな動物がいる中で、心に残った動物を紹介。

蛇口が付いてるのかと思うほど、なかなかオシッコが切れないキリン。

20104_161

赤ちゃんのしっぽを持って、歩き方を練習をさせてるサルの親子。

20104_172

はて?誰かさんに似てるような・・・。

20104_167

鼻の先を器用に使って、エサと取りにくるゾウ。

20104_175

今回のこの旅は、社長の運転手Mさんプレゼンツなので、基本どこも、観光旅行者向けではなく、タイ人が行くような所です。

サファリパークも地元の人々で賑わっていましたが、外人、それこそ日本人はきっと会ってないと思います。

で、私たちも、タイ人って言ってタイ人価格で入場してるからね(笑)

そうそう。

全部あげきれなくて余ったキュウリは、2日後、我が家食卓のサラダに・・・。

夫は、「動物にあげる野菜やで~。え~?!」って感じでしたが、私一本食べたけど大丈夫だったからね。

こんな事は、タイ人もしないかもね。ちなみに、おいしかったからマイペンライ~!

そんな旅の続きは、ぼちぼちと更新してまいります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

王宮

今日は、タイの王宮の観光ツアーの話題を。

王宮に行く時は、服装に注意します。

ノースリーブ、短パン、ミニスカート、サンダルは入れません。

さてさて。

奈良の大仏を思い出す、ワット・ポー。

1001_048

半目の笑みがたまらない。

なんだか見てたら、お土産屋に売ってる、微笑んでいる仏像の顔の壁掛けが無性に欲しくなった。

今回は、買わなかったけどね。

いいお顔の壁掛け見つけたら、次は絶対買おう。(と、思ってる)

ワット・アルン。(暁の寺)

1001_045

4階まで登ったら天国へいけると聞いたので、そりゃ、行くでしょ~。

簡単と思ったけど、急斜面階段+暑さで、それは大変。

子供達は2階まで。降りるとき怖くて半泣き。

私は必死で4階まで登りました。

降りてきたときには、汗びっしょり。天国への道は厳しかった。

1001_044_2

1001_035

このお寺は、中国の陶器を割って飾っていて、一つ一つ、細かく見ごたえがありました。

それから、ここにある、こじんまりとしたお土産屋さん、個人的に大好きでした。

アクセサリーがめっちゃ可愛くて、買い占めたいくらい。

1001_173

ここのお土産屋さんだけでも、もう一回行きたい。

ワット・プラ・ケーオ。

1001_149

1001_157

ここも、ガラス(?)がキラキラして、それが太陽に照らされて綺麗でした。

昼食は、ホリディインバンコクのタイビュッフェ。

1001_001

タイ旅行中、どこのレストランも、ジュース類がたまらなく美味しかったです。

日本で、こんな美味しいジュース飲んだことないってくらい。

なので、ビール+ジュースです。

野菜いっぱい食べて、辛いし、勝手にヘルシーだと解釈中。

だから食後の甘いものも、ジュースもいっちゃいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

ダイエット茶

タイ旅行に行くとお友達に言うと、「買ってきて欲しい」と言われたもの。

FITNEのお茶。

値段ははっきり覚えてないけど、30Bちょいだったような(約90円)・・・あいまい

1001_172

タイでは有名な健康ハーブ茶だそうです。

体内の余分な脂肪を排出するというダイエットティー。

興味ありありです。

夜にコップ1杯から始めたところ、朝には爽快な排出。

飲んだのを忘れてた日は、少々焦ります。

飲むのは、予定のない日に。

昨日は夜中にお腹が痛くなって・・・私には、かなりの効果です。

ぺタンコお腹、期待してます。

ダイエットに興味のある、お友達のお土産に。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧