2010年2月14日 (日)

初グレード

娘が、約一年間頑張って(?)練習してきたヤマハのグレードテストが無事終わりました。

先生も、「いつも通りしてきたら大丈夫」と言ってくれてたけど・・・。

ピアノも送って、練習もしてなかったので、私はやっぱり少々心配。

でも、その心配を表に出さないようにして。

そんな親の気も関係なく・・・。

本人は、「余裕」の一言。

テスト中、部屋に入れない私は、洩れて聞こえてくる音を頼りに、「出来てるかな~」とソワソワ。

10分もしないうちに娘は部屋から出てきて、「簡単やった」と。

「緊張した?」の質問も、「全然」。

度胸がある娘で、頼りになります。

合格してたら、いいけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

英語教室 X’mas

夕方からは、英語教室のX'masパーティーへ。

英語教室は、キリスト教会なので、本格的礼拝(といっても子供用に短く)が味わえます。

これが本来のX’masですね。

「サンタさん」「プレゼント」だけではない、しっかりとしたX’masの意味も分かったのかな?

皆で食事をして、ケーキを食べ、なぞなぞ、手品、X’masカード作り。

そして、少しづつ覚えた英語ことわざの発表。

09122_017

私は、日本語訳されても、ピンとこないのもあったけど・・・。

1人づつ発表してくれたことわざを、頑張って書いた娘。

書いた英語がなんだか、かわいくて写真を撮りました。

09122_021

私的に、一番楽しかったのは、なぞなぞ。

14問出題のうち、その中から特に悔しかったもの。

① 300円持って、買い物に行きました。

  50円と100円の商品を買いました。

  さて、お釣りは何円?

② 八百屋のトラックにきゅうり、なす、とまと、かぼちゃ、りんごが積まれています。

  急ブレーキをかけました。

  さて、おちたのは何?

③ かえるが5匹いました。

  真ん中のかえるは大人でしょうか、子供でしょうか?

さてさて、ごゆっくり~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

書道

娘が、ばあば先生に書道を習い始めて約1年。

だんだんと筆にも慣れてきたので、初めての級を取る為に、先月課題を提出してみました。

091012_041

今月の本が届き、段級発表に名前がありました。

9級です。

一緒に出した、他の2人も合格しました。

そのうちの1人のお友達は、優秀作品に選ばれ、見事本に載っていました。

級という目標が、一つの目安になって、これからも楽しんでいけたらいいなと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009年4月26日 (日)

ピアノ ファミリーコンサート

今日はピアノのファミリーコンサート。

何回も言うけど、溶連菌感染症になってる娘。

出席停止解除まであと1日。

休むつもりのコンサートだったけど・・・。

空気感染はしないので、先生の計らいで出番だけ袖から出さしてもらえる事になり、すぐに帰ったコンサート。

出番では、緊張する事もなく落ち着いて演奏した娘。

なんか、子供やのに妙な頼もしさを感じてしまいました。

090425_013

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

EIGO

新しい事に挑戦。

ということで。

今日から、子供達、教会でやってる英語教室に通うことにしました。

実は私、小さい頃、毎日曜日にはキリスト教会へ礼拝に行っていました。

キリスト教徒ではないけどね。

お友達と遊びがてら。

その時に私も習っていた英語教室が、今でもやってると知ったので。

行ってみると、先生も昔のままで、知ってる顔ぶれもちらほら。

昔話の花が咲きました。

前半、まずは英会話。

一人一人順番に声を出して、質問、答えをお隣さんに聞く。

子供達、まだ分からないから、横で耳打ち。

私のほうが勉強。しかも真剣。

後半、読み書き。

ローマ字。

081121_016

初めての英語、以外に食いつきは良く、「楽しいから、次も行きたい」って。

出だしは好調。

息子の英語。書けてるつもり。

081121_017

そして。この紙が・・・こんな姿に。

081121_018

終わってから、しばらく紙飛行機で遊んで帰りました。

081121_011

家に帰ると、お友達yorimamaから。

081121_013

誕生日プレゼント。手作り布ぞうり。

THANK YOU VERY MUCH。(綴りあってる?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

晴舞台

無事に発表会、終わりました。

子供の練習の成果をちょっと緊張しつつ、楽しんで見守ることが出来ました。

一緒に習っているボーイフレンド、リトミックから仲良くしているお友達など、普段はお互い練習を見る事がないから、いい刺激にもなったようです。

でも、やっぱりまだまだ子供。すぐに退屈になって、外で遊んでましたけど。

「他の子が弾くのを見るのも、お勉強」と言っても、最後までは無理でしたね。

家族総出の曲も、いつもの家族の感じが出せたかな。

久しぶりに気合入れて、髪の毛綺麗にして、ヒール履いてオシャレも出来たし、ちょっとしたドキドキ感も、意外にいいもんでした。

080913_015 080913_001

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

解決の糸口みえてきました!!

昨日書いたピアノの件ですが、皆さんのコメントや今日のレッスン時に先生に相談して、解決方法がみえてきました。ありがとうございます。

もう一度、はじめた時の気持ちを思い出して、焦らずやってみることにします。

初心忘れるべからず・・・・忘れてました。

なんだか昨日まであったもやもやがなくなりましたが、娘にはごめんという気持ちが出てきて反省しました。ちゃんと娘にも伝えました。

色々失敗もありますが、一歩ずつ自分自身、成長していきます。

そんな気分になれたので、レッスンが終わってから、夕方でしたがお友達が誘ってくれていたので、近くの公園に行くことにしました。

シロツメクサでネックレスを作ったり、川に入ったりして、私も娘もリフレッシュできたかな。

シロツメクサの押し花に最近はまってます。

先日作って出来た押し花、画像で分かるかな??

Hp526_005

Hp527_003Hp527_011

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

これは立派な悩みですよね

この件については、よく喧嘩してます。

娘のピアノの事です。喧嘩をしているのは、私と娘・・・

最初は簡単だったので練習をしなくても出来ていたのですが、近頃は練習なしではとうてい無理です。

練習練習と言うのも逆効果になるのは分かってる。だけど、上手になって欲しい。

色々作戦を立てて実行してきたつもりです。

おだてながら、一緒に練習する方法 → ピアノが苦手な私をなめてかかってるのか、指摘しても全く聞こうとしない。直さない。わざとダラダラする。

なので、方法を変えてみました。

全くピアノの練習に関与しない方法 → ほんとに全くしませんでした。一応毎日ピアノには触るけど、肝心の練習曲はしない。

出来てないままレッスンに行っても、優しい先生なので怒らないから、まだ余裕こいてるし。

その気にさせるのって難しい。

でも、なんで他の子に教えるのは優しく出来るのに、自分の子供に教えるのは難しいんだろう・・・

結局いつもイライラしてきて喧嘩。というより、1人で怒ってるんですけど。

あぁ、また今日も怒ってしまった。さらにやる気なくさせたかも・・・

またまた、自己嫌悪の日です。

どうしたら、この嫌悪感から抜け出せるんでしょうか?

何度も、この状況を夫には相談してます。

夫の意見はこうでした。「やらへんかったら、できへんのは自分の責任。マルが貰われへんかったら、そのうち自分で練習するようになるから、それまで怒らずにほっといてみろ。五歳やからここまで出来ないとあかんとか、そんな基準はないし、親が先走らずに自分のペースでやらせてみろ」ということでした。

お互い納得の結果、その日は夫が娘のピアノの練習につきあっていましたが・・・やっちゃいました。

(私を納得させてチョット尊敬した)夫が、開始早々、娘に怒ってました。

「だらだらすんなや!ピアノやりたくないんやったら、やめてしまえ~!!ピアノ捨てるぞ~」って。

すごい剣幕でした。私が止めましたもん。

な、やっぱり自分の子供に教える難しさは、やってみなければ分からない。

でも一体、これからどうしていくべきなのか・・・悩みは続く。。。

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

こぶたぬきつねこ

娘がピアノを習い始めて、1年と1ヶ月。

今度の9月に初めて発表会に出ることになりました。

弾く曲は、2曲。

1曲は1人で。もう1曲は私と連弾+息子が楽器でリズムをとるというもの。

そして、昨日連弾の曲が決まりました。こぶたぬきつねこです。

実は、私も幼い頃ピアノを習っていたのですが、落ちこぼれもいいところで、ピアノの思い出といったら先生に叱られてた事しか覚えがないくらい。

3人姉妹で同じ先生に習っていましたが、3人が順番にやめたいと先生に言ったところ、他の2人は「才能があるからやめるのはもったいない」と言われ、私だけ「わかりました」の一言でやめることが出来たという、悲しい経歴の持ち主なのです。

そんな私の血を引き継いだ娘ですが、今のところ私の血はまだ出てきてないようです。

そして先生がコピーしてくれた曲を、娘が幼稚園に行ってる間に練習してみました。

やばい。難しい。一番易しい本から選んでもらったのに・・・

1時間ほど練習したけど、手は動かないし、相変わらす楽譜読むのに何回もドレミって数えてるし。でも何とか間違えながら最後まで弾けたので、娘とやってみることに。

娘のほうは、一回でマスター。

さて、一緒に合わせてみました。

「ママ、最初から一緒には無理ってもんちゃう?練習してからじゃないと」と冷たく言われてしまいました。

これ、1時間練習したんですけど。

「そうやな。練習が先やったな・・・。」

ああ、どうしよう・・・。

これから3ヶ月ほど、ピアノには苦しめられそうな予感です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

書道教室

近所に住む、ばあばが書道を毎週教えてくれます。

きっかけは、左利きを直したいというお友達がいたこと。

字を覚える事もできるし、お友達と一緒なのでお遊び感覚で楽しく習っています。

本日の課題は、字ではなく  「へのへのもへじ」 「○△□」だったそう。

この間チラッと見ていた子供番組で、書道の先生が、このへのへのもへじで、カッコいい顔、ぶさいくな顔など子供に書かせていて、面白いなと思ったので、リクエストしてみました。

ちょうどその頃、母も字ではなく絵を書かせてみようと思っていたところだったようです。

出来あがった○△□はおでんのようです。

子供の字は、迷いがなく大胆で見ていて気持ちいいです。

習っている子には皆、弟や妹がいるので、その間、下の子供達は外遊び。

書道は静かじゃないと気が散りますから。毎週1時間の静の時間です。

20080422_00120080422_00520080422_004_3

| | コメント (6) | トラックバック (0)